日本対がん協会

日本対がん協会とは?評判や活動内容、寄付方法について解説

日本対がん協会公式ページより引用

  • 日本の医療に取り組んでる団体に寄付したい
  • がん研究に取り組んでいる団体はどこかな?

このような方におすすめの団体が日本対がん協会です。

こちらの記事では

  • 日本対がん協会ってどのような活動をしているの?
  • 日本対がん協会の評判はいいの?
  • 日本対がん協会にはどのように寄付をしたらいいの?

などの疑問を解決していきます。

日本対がん協会とは

基本情報

名称 公益財団法人 日本対がん協会
住所 〒104-0045
東京都中央区築地5-3-3 築地浜離宮ビル7階
設立 1958年
役員 会長   垣添 忠生     元国立がんセンター総長
理事長  梅田 正行     朝日新聞社顧問
常務理事 石田 一郎     日本対がん協会業務執行理事
常務理事 佐野  武     がん研有明病院 病院長
常務理事 中釜  斉     国立がん研究センター理事長
理事   安斎  隆     東洋大学理事長 セブン銀行特別顧問
理事   今村  聡     日本医師会副会長
理事   金井  洋     生命保険協会副会長
理事   山本 尚美     資生堂執行役員
理事   中村 史郎     朝日新聞社代表取締役社長
監事   清水  隆     朝日新聞社常務執行役員財務担当
監事   杉浦 文彦     公認会計士
寄付
  • 毎月の寄付:1,000円 / 月〜
  • 今回の寄付:指定なし

日本対がん協会はがん征圧を目的に、1958年に設立されました。

設立後もがん死亡者・罹患者は増え続け、厚労省によると、2016年のがん死亡者は37万2986人で過去最多となっています。

予防や早期発見、治療の進歩で年齢調整死亡率は年々減少していますが、日本人は生涯に2人に1人ががんになり、年間で亡くなる人の3割ががんで死亡しているのが現状です。

がんは今でも最も身近な国民病です。

がん征圧の国民運動をさらに進めるため、協会は2018~22年度の中期計画を策定。

2030年を目標に「すべての人に健康と福祉を」を掲げた国連のSDGs(持続可能な開発目標)の活動にも合わせています。

日本対がん協会の評判

スタッフが明るく対応してくれます。 ボランティアに初めて参加しましたが、楽しく出来ました。(Google Mapより)

世の中から、大切な奥さんを失って悲しむ人が減ってほしい。 その思いから、毎月少額ですが、寄附をさせていただいています。(Google Mapより)

ボランティアに参加した人、実際に寄付をしている人のポジティブな口コミを多く認めました。

また、日本対がん協会が発行する、がん検診デジタル無料クーポンをリツイートを認め、ネガティブな口コミは認めませんでした。

日本対がん協会の活動内容

日本対がん協会公式ページより引用

がん予防・がん検診の推進

「グローバルブリッジ」との提携事業

グローバルブリッジは米国の禁煙推進団体。この事業は19年末までで、協会は助成先団体を支援し、事業終了後も禁煙支援体制の拡充を図ります。

各種イベント開催・広報

世界禁煙デー行事などのイベントや、禁煙推進以外に適度な運動や体重維持などを勧める「がんを防ぐための新12か条」を積極的に広報していきます。

新禁煙宣言、厚労省や自治体への提言

新たな禁煙宣言を作り発表します。

あらゆる公共の場所での受動喫煙防止を目指して医師会、支部、禁煙推進団体と一緒に、署名活動や要望書提出などを行います。

新型たばこ対策についても研究し、新型たばこでは根本的解決にならないことを訴えます。

がん検診推進

協会はグループ全体で毎年度、延べ1千万人以上のがん検診を実施していますが近年、受診者の高年齢化が目立ちます。支部と共に、がん検診推進活動をさらに強めます。

  • 受診率向上・受診者拡大
  • 精度管理向上
  • 新たな検診手法の情報収集・研究

を行なっていきます。

がん患者・家族の支援

リレー・フォーライフ

がん患者や家族支援のためのチャリティー活動になります。2022年度までに全都道府県で65ヶ所開催を目指しています。

無料がん相談

協会は2006年度、これまでの無料医師相談に加え、無料電話相談「ホットライン」を始めました。同年度1370件の相談件数は1万件を超えました。

がんサバイバー・クラブ

2017年度、Web上で「がんサバイバー・クラブ」を発足させ、患者会、イベント、がん関連の情報、サバイバーのストーリーなどの提供、サバイバーの就労支援相談を行っています。

ピアサポート、他の患者支援活動

2013年度、厚労省からの受託事業としてピアサポーター養成の冊子、DVD、運用マニュアルを作りました。他の患者団体への助成・支援や患者向けセミナーも行います。

正しい知識の普及啓発

ピンクリボンフェスティバル

乳がんの早期発見、早期診断、早期治療を訴え、2003年度にスタートさせました。

がん教育

協会は教育現場で、教師ががんについてスムーズに教えられるような副教材や指導書の作成、さらにモデル授業実施をサポートしています。

がん征圧月間

毎年9月を「がん征圧月間」と定め、支部と共にがん征圧キャンペーンを行っています。

各種セミナー開催

ほほえみ基金を生かしたセミナーなど、乳がんをなくす「ほほえみ基金」への寄付を生かし、美容セミナーを開いたり、企業提携によるセミナーを開いたりしています。

UICC日本委員会や学会との連携セミナー、国際対がん連合(UICC)日本委員会と連携したシンポジウム、癌学会と共催での市民公開講座、癌治療学会を開いています。

刊行物・Web展開

日本対がん協会報、がん読本、がん検診の案内リーフレット、乳房自己触診の解説リーフレット、がん征圧を訴えるポスターなど刊行物を発行しています。

デジタル・Web広報については18年以降、専門の担当者を置いて発信力を高めています。

研修、研究助成など

マンモグラフィー研修、乳房超音波研修、診療放射線技師研修、保健師・看護師研修、内視鏡研修などを実施しています。

また、協会は創立直後から奨学医制度を設けて、がん専門医育成に取り組んできました。

2012年度からは、がん研究や患者支援研究への新たな助成制度「プロジェクト未来」を発足、これまで計90団体・個人に助成してきました。

対がん協会への寄付方法

毎月の寄付

クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナースクラブ
  • AMERICAN EXPRESS
寄付の使途
  • がん征圧基金
  • リレー・フォー・ライフ
  • ほほえみ基金
  • がん教育基金
  • 婦人科がんなどから女性を守る基金
寄付金額
  • 1,000円 / 月
  • 3,000円 / 月
  • 5,000円 / 月
  • 10,000円 / 月
  • 20,000円 / 月
  • 30,000円 / 月
  • 40,000円 / 月

今回の寄付

クレジットカード

クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナースクラブ
  • AMERICAN EXPRESS
寄付の使途
  • がん征圧基金
  • リレー・フォー・ライフ
  • ほほえみ基金
  • がん教育基金
  • 婦人科がんなどから女性を守る基金
寄付金額 指定なし

銀行振込

活動全般への寄付

三井住友銀行
支店:丸ノ内支店(店番号245)
番号:普通 0518150
口座名:公益財団法人 日本対がん協会

みずほ銀行
支店:銀座支店(店番号035)
番号:普通 1003855
口座名:公益財団法人 日本対がん協会

三菱UFJ銀行
京橋支店(店番号023)
普通 1718240
口座名:公益財団法人 日本対がん協会

ゆうちょ銀行
口座番号:00180-1-5140
口座名:公益財団法人 日本対がん協会

ほほえみ基金
への寄付

みずほ銀行
支店:銀座支店(店番号035)
番号:普通 2418773
口座名:公益財団法人 日本対がん協会

ゆうちょ銀行
口座番号:00180-1-5140
口座名:公益財団法人 日本対がん協会
※備考欄に「ほほえみ基金」と記入

婦人科がんなどから
女性を守る基金

三菱UFJ銀行
京橋支店(店番号023)
番号:普通 0067244
口座名:公益財団法人 日本対がん協会

ゆうちょ銀行
口座番号:00180-1-5140
口座名:公益財団法人 日本対がん協会
※備考欄に「婦人科がん基金」と記入

がん教育基金

三菱UFJ銀行
京橋支店(店番号023)
番号:普通 0067257
口座名:公益財団法人 日本対がん協会

ゆうちょ銀行
口座番号:00180-1-5140
口座名:公益財団法人 日本対がん協会
※備考欄に「がん教育基金」と記入

寄付金額 指定なし

その他の寄付

古本を寄付

読まなくなった本や聴かなくなったCDなどを寄付することで、日本対がん協会に寄付ができます。

それが、株式会社バリューブックスが運営するチャリボンです。

チャリボンに本を寄付すると、その本が売れた金額が、自分が指定した団体に寄付されます。

本の集荷も自宅に取りに来てくれるため、本を持っていく手間もありません。

古本・CD・ゲームソフトの寄付

古本だけでなく、CDやゲームソフトの寄付ができる団体もあります。

それが、ブックオフコーポレーション株式会社が運営するキモチと。です。

キモチと。から本を寄付すると、その本が売れた金額が、自分が指定した団体に寄付されます。

本の集荷も自宅に取りに来てくれるため、本を持っていく手間もありません。

Yahoo!ネット募金

Yahoo!ネット募金とは、Yahoo!JAPANが運営する、支援したい活動やさまざまな団体を一度に調べて寄付できるサイトです。

クレジットカードで100円〜Tポイントを1ポイントから寄付をすることができます。

ただし、Yahoo!ネット募金からの寄付だと領収書は発行されず、寄附金控除の対象とはなりません。

ソフトバンクの携帯電話で寄付

ソフトバンクのiPhoneやスマートフォンを利用していると、携帯電話の利用料金を支払うときに寄付をすることができます。

546団体の中から自分が支援したい団体を選び、以下の手段で行われます。

毎月継続寄付 100円、500円、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円
都度寄付 100円、500円、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円
Tポイント寄付 Tポイント寄付の場合は1~10,000ポイント

J-Coin Payで寄付

J-Coinとは、お店での支払いや銀行口座への入出金・送金、個人間での送金が行えるアプリです。

J-Coin Payで100円〜寄付をすることができます。

dポイントを寄付

NTTドコモのdポイントを、1ポイント〜寄付することができます。

Gポイントを寄付

1G=1円〜寄付することができます。

日本対がん協会は寄付金控除の対象?

日本対がん協会は公益財団法人のため、寄付金控除の対象となります。

寄付金控除を受けるためには、確定申告をするため、領収書が必要になります。

領収書は再発行できないため、寄付をした翌年の1月下旬~2月中旬に届く、領収書をなくさずにとっておくようにして下さい。

日本対がん協会へ寄付してみよう

がん治療で苦しむ人をなくしたり、がん検診による早期発見で命が救われるお手伝いができます。

がんに対する正しい知識を伝え広めていくお手伝いができます。

がん患者やがんサバイバーの方々に拠り所となる場所を与えることができます

この機会に寄付をとおしてご自身もがんに対する理解を深め、がん征圧に向けたお手伝いを直接的にしていきませんか?