ワールドビジョン

ワールドビジョンの評判は?怪しくない?チャイルドスポンサーシップについても解説

しおり
しおり

こんにちは!チャイルドスポンサーシップで寄付を半年間続けている、キフシル編集長のしおりです!

  • 貧困に苦しんでいる子供たちを助けたい
  • 支援している子どもと交流を持ちたい

そのような方にお勧めするのが、国際NGO団体のワールドビジョンです。

編集長しおりも、ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップで寄付をしています。

寄付を続けているうちに、ワールドビジョンには他の団体より寄付の満足度が高くなる特徴が見えてきました。

こちらの記事では

  • ワールドビジョンがどのような団体か
  • 管理人が寄付をして分かった、ワールドビジョンの感想や注意点
  • ワールドビジョンへの寄付方法
  • ワールドビジョンとユニセフの違い

を紹介します。

ワールドビジョンで寄付を始める

ワールドビジョンは、支援している子ども(チャイルド)の

  • 成長報告が毎年届く
  • 手紙でやりとりができる

という、支援がチャイルドに届いていると実感しやすい特徴があります。

チャイルドの手紙や写真を見ると、こちらが励まされるような、温かい気持ちになります。

チャイルドからの手紙を眺める編集長しおり。
こうして手紙を見ていると、「明日も仕事頑張ろう!」という気持ちになります。

公式ページを確認して、ワールドビジョン(チャイルドスポンサーシップ)で寄付を始めてみましょう!

\寄付で自分も他人も幸せになる/

もくじ

ワールドビジョンとは?

基本情報

名称 特定非営利活動法人(認定NPO法人)ワールド・ビジョン・ジャパン
設立 1987年
役員 理事長 小西 孝蔵
副理事長 飯島 延浩
常務理事 片山 信彦
理事 峯野 龍弘 他
監事 村上 宣道
監事 中島 秀一
親善大使 ジュディ・オング (歌手・女優・木版画家)
親善大使 酒井 美紀(女優)
支援者数 チャイルド・スポンサー数:49,381人
寄付 月4,500円

ワールドビジョンは1950年に設立された、70年の歴史をもつ国際NGOです。

国連の機関の1つである国連経済社会理事会に公認・登録されています。

1960年代には、日本でも両親を亡くした子どもたちが生活する施設などを通じて支援活動を行なっていました。

現在では、約100カ国で支援を行なっており、事業所は世界各国にあります。

そして、日本でのワールドビジョン(ワールドビジョン・ジャパン)が誕生したのは1987年、30年以上の活動実績があります。

  • 2019年度:32カ国で159の事業
  • 2020年度:33カ国で154の事業

を行っています。

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

ワールドビジョンの口コミ評判

ワールドビジョン公式サイトより引用

  • 酒井 美紀さん(女優)
  • ジュディ・オングさん(歌手・女優・木版画家)
  • 東尾 理子さん(ゴルファー)

など多くの著名人もワールドビジョンを支援しています。

酒井美紀さんの口コミ

女優の酒井美紀さんは、ワールドビジョンの親善大使をされており、講演会やナレーションなどの活動に多数参加しています。

また、ワールドビジョンの支援地にも訪問しており、ご自身が支援しているチャイルドに直接会う、ということも経験されています。

ついに! チャイルド・スポンサーをさせてもらっている 私のチャイルド、サンドリアン君に会いました。

もう本当にエキサイティングなことでした!

(中略)

そのあとは、日本から持って行ったシャボン玉をいっしょにやったり、おもちゃの車で遊んだり、ボール遊びもしました。

それはそれは楽しい時間でしたよ。(酒井美紀さんのブログより)

ジュディ・オングさんの口コミ

ジュディ・オングさんは、1994年から約27年間にわたり、ワールドビジョンの親善大使の活動をされています。

東尾理子さんの口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Riko Higashio(@rikohigashio)がシェアした投稿

東尾理子さんは

  • チャイルドスポンサーシップ
  • ワールドビジョンのサマースクールでの講演
  • 募金箱(アドベントカレンダー)

などの活動を、10年以上続けていらっしゃいます。

その他の口コミ

チャイルドの写真が送られてきたとき、遠くの地に自分の子どもができたような喜びを感じました。

最初は寄付に賛成していなかった夫も、写真を見てとても嬉しそうにしてくれたのが印象的でした。

活動費の8割が現地支援に充てられているのと、一人の子供を長期で支援するシステムなので子供の成長を感じる事が出来るのが良いと思いました。

支援金は月4500円なので高いですが、ペットボトルを買うのを控え、毎日水筒でお茶を持っていったりしています。

少しの負担で世界に教育の素晴らしさを広げる手助けを一緒にしてみませんか?

Google mapより)

心優しいスタッフの方がたくさんいて、とても和みます。Google mapより)

チャイルドの支援中止の報告と同時に、次のチャイルドの写真が送られてきました。

まだこちらは心の整理がつかないのに、いきなり次のチャイルドを紹介されると複雑な気分です。

 

  • 手紙のおかげで、子どもの成長を実感できて嬉しい
  • チャイルドがいる国を、遠い国ではなく身近に感じるようになった

などの口コミが多く見られました。

一方で、チャイルドスポンサーシップの支援終了以外の

  • 支援地域外への引っ越し
  • 卒業
  • 就職
  • 結婚

などの理由で、突然チャイルドの支援が中止になることがあります。

その際、支援終了のお知らせと次のチャイルドの紹介が同時に送られてきます。

支援を待つ子どもたちが多くいるため、そのようなシステムを採用していますが

「前のチャイルドとの別れに心の整理がついていないのに、こちらの気持ちも考えてほしい」という口コミがありました。

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

チャイルドスポンサーシップとは?その実態は?

チャイルドスポンサーシップとは?

チャイルドスポンサーシップとは、ワールドビジョンが特に力を入れている支援活動です。

支援者(スポンサー)は月4,500円(1日150円)で、ワールドビジョンから支援地域の子どもを1人紹介してもらい、その子を継続的に支援していきます。

支援内容は

  • 安全な水が飲めるように、井戸や貯水タンクの設置、トイレの整備などを行う
  • 虐待や労働・搾取などの暴力から、子どもたちを保護する
  • 病気から守る(病気予防や栄養状態の改善、保健施設の整備など)
  • 教育環境を整える(教育施設や備品を整える、教師へのトレーニング)
  • 家族の収入を増やす(畜産・農業の支援、職業訓練、貯蓄グループ・生産者グループの活動支援)

など多岐にわたります。

チャイルドを1人紹介されますが、支援はチャイルドを取り巻く地域を改善する活動に使われます。

そのため、1つの地域を10年以上かけて支援していきます。

チャイルドスポンサーシップの特徴3つ

子どもの成長報告書が届く

チャイルドスポンサーシップでは、年に1度成長報告が届きます。

長年支援していると、子どもの成長や地域が改善していく様子も分かり、寄付を続けて良かった、という気持ちを味わうことができます。

手紙を通じてやりとりができる

 

成長報告とは別に、チャイルドと手紙のやりとりをすることができます。

手紙は、日本語、英語どちらで書いても構いません。

また、クリスマスやお正月、チャイルドの誕生日に手紙を書く、ということもできます。

ですが、宗教上の理由からクリスマスをお祝いしない地域もあるので、公式ページで事前に注意点を確認した方がいいと思います。

また、手紙を郵送する際、どのようなデザイン・文章にするか悩まれる方もいると思います。

ワールドビジョンでは、手紙のテンプレートがあるため、簡単に手紙を書くことができます。

 

子どもたちに会いに行ける

ワールドビジョン公式サイトより引用

現在新型コロナウイルス感染症の影響で、支援地訪問ツアーは行われていません(再開時期未定)。

開催されていた頃は、年に2回程度、対象地域のスポンサー10~20人とワールドビジョンのスタッフも同行し、訪問していました。

2017〜2019年の間には

  • ケニア
  • ミャンマー
  • ウガンダ
  • カンボジア
  • ルワンダ
  • ベトナム

の国々に訪問しました。

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

ワールドビジョンの活動は?怪しくない?

チャイルドスポンサーシップも、以下の3つの原則に基づいて活動を行っています。

開発援助

子どもたちの「健やかな成長」(Child Well-being)のために、チャイルド・スポンサーシップによる地域開発プログラムを核として、水衛生、教育、保健、栄養、生計向上の分野で開発援助事業を実施しています。(公式HPより)

詳細は、チャイルドスポンサーシップの項目をご覧ください。

緊急人道支援

①緊急支援

災害直後に被災者へ配布する、ビニールシート、給水タンク、毛布などの支援物資を、世界4か所にある倉庫に備蓄しています。一方、食糧については非常時の入手手段を確保しています。

また、ワールドビジョンには緊急支援専門のスタッフがいます。新たな大規模災害が発生したとき、発生から数時間で派遣され、緊急支援を行う国をサポートします。

②復興支援

①の期間を経て、被災した人たちの生活を立て直すために、住居、食糧、子どもの保護・教育などの支援を行なっています。

また、心のケアにも力を入れています。「チャイルド・フレンドリー・スペース」という、子どもたちに安全な遊び・学びの場を提供し、平常心を回復し、復興への希望を持てるような支援も行なっています。

③防災・減災

干ばつ、地震、台風、洪水などのさまざまな災害のリスクに備える活動も行なっています。災害に対応する力、 被災してもその後に回復できる力をつけるような支援をしています。

アドボカシー

アドボカシー(advocacy)は、「擁護」、「支持をする」という意味です。ここでは、さまざまな社会問題を解決するために、政治を動かすための提言をする、という意味です。

ワールド・ビジョンのアドボカシーは、子どもにとって世界が安全で平和な場所になることを目指して、政府・国際機関と市民社会の両方に働きかけ、また支援地域での啓発活動から国際レベルでの政策提言など、さまざまな方法で行います。(公式HPより

ワールドビジョンは怪しくない?見極め方5つ

①定期的に活動報告がされていて、納得のいくものかどうか

ワールドビジョン公式サイトより引用

NGOやNPO団体は、さまざまな内容で活動しています。

その活動を支援してもらう寄付金は、毎月定期的に支払いをしてもらう形をとっている団体が多いです。

その団体がきちんと活動を行なっているかどうか、というのは寄付したお金をきちんとその活動に還元しているかどうか、ということになります。

そのため、きちんと活動を行なっていることをアピールする必要があります。

定期的に活動報告がされていないということは、「この団体は寄付金をもらっているのに活動をしていないのか?」と思われかねないのです。

公式HPを確認すると、ワールドビジョンは、平均するとひと月に6回ほど活動内容を更新しています。

また、facebookやTwitterなどのSNSも、定期的に更新されています。

②働いている人の顔が見えているか

SNSなどのインターネットだけで活動報告がされていても、本当に活動しているか、よく分からないと思われるかたもいると思います。

そのため、実際に働いている人と対面で会うことができるか、名前を公表しているか、というのも信頼できる団体かを見極めるポイントの1つです。

2021年現在、新型コロナウイルス感染症の関係で対面でのイベントは行われていません。

しかし、ワールドビジョンのスタッフが登壇する、オンラインでのイベントを月に1回開催しています。

また、サマースクールという、夏休みの時期に子ども向けのイベントも行なっています。

世界の子どもたちの現状を知り、どのような支援を行なっているかを伝えています。

③問合せをした時に情報を公開してくれるか

ワールドビジョンは、公式HPからの問い合わせに対応しています。

SNSで確認したところ、Twitterでの質問にも対応していました。

④決算報告書に不審な点はないか

ワールドビジョンジャパンは、資金の8割以上を現地での支援活動に使っています。

資金の詳しい使い道は、毎年決算報告書を開示しているため、ホームページで確認することができます。

ワールドビジョン公式サイトより引用

さらに、ワールドビジョンジャパンは、JANICという日本のNGOネットワークに正会員として登録されています。

JANICは、400以上ある日本の国際協力NGO団体の中で、審査に合格した実績のある団体のみが正会員として加盟しています。

JANICに正会員として登録されているということは、信頼できる団体であると言えます。

信用できる団体のような気がしてきたけど、「宗教団体か?」のような口コミがあるのどうして?

ワールドビジョンの支援は、宗教を含め、人種、民族、性別にかかわらず、世界各国の子どもたちに行われています。

ワールドビジョンは、アメリカ生まれのボブ・ピアスというキリスト教宣教師によって設立され、キリスト教精神に基づいて、開発援助・緊急人道支援・アドボカシーを行なっています。

この「キリスト教」という言葉が、宗教団体のような誤解を招いたのかもしれませんが、ワールドビジョンは国際NGOであり、宗教団体ではありません。

⑤他の支援者とつながることができる

ワールドビジョンには、スポンサーのみが入れるfacebookグループがあります。

自分が支援しているチャイルドのことを発信したり、寄付を始めた思いなどを投稿されており、他のスポンサーのリアルな声も聞くことができます。

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

ワールドビジョンに寄付をして良かったこと

自分宛の手紙をもらうと嬉しい

チャイルドからの手紙は、封筒の左上に「チャイルドからのお手紙です!」と書かれています。

私が初めてもらったチャイルドからの手紙は、自己紹介のお手紙でした。

  • 好きな色は紫
  • 今一番楽しいことは、学校でお友達と会えること

と書かれていました。

手紙は現地語で書いたチャイルドの言葉を、地域ボランティアの方が英訳してくれています。

私はさらに、申し込み時に日本語訳も希望したため、右の日本語訳もありました。

チャイルドから自分宛の手紙をもらうと、寄付している実感が湧いて、心が温まるような感覚になります。

寄付している実感が湧きやすい

チャイルドスポンサーシップは毎年チャイルドの写真つきの成長報告が届きます。

ですが、チャイルドスポンサーシップで寄付を始めたばかりの人も、マイ ワールド・ビジョンというマイページで、常にチャイルドの顔を確認することができます。

マイ ワールド・ビジョンでは、チャイルドが自己紹介している動画を見ることができ、実際の声も聞けるので、写真よりさらにチャイルドに愛着が湧きます。

また、マイ ワールド・ビジョンでは他にも、チャイルドが住んでいる国の状況を知ることができます。

Facebookグループで、長年支援している人のリアルな声が聞ける

ワールドビジョンのFacebookグループは、1,800人近く参加者がいます。
(2022年4月現在)

  • チャイルドスポンサーシップで寄付を始めました!というご挨拶
  • 10年以上チャイルドスポンサーシップで寄付を続けている人の感想
  • 手紙の書き方などを質問
  • ワールドビジョンスタッフさんの街頭募金を見かけました、という応援メッセージ

さまざまメッセージのやり取りが行われています。

特に、チャイルドに関するメッセージは、以下のように、みなさん自分たちのチャイルドに対する愛に溢れています。

今までは上の兄弟の代筆だったけど、今年は直筆で手紙が届いた

5年以上支援を続けており、最初の写真と比べたらとてもお姉さんになっていて、成長を感じた

仕事で疲れたときに、チャイルドの写真に向かって話しかけている

自分が支援するチャイルドにはもちろん愛着が沸きますが、みなさんのチャイルドへの思いを聞くのも、とても幸せな気分になりますよ。

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

ワールドビジョンに寄付をするときの注意点

チャイルドからの手紙以外に、寄付の案内が届く

毎月の寄付を続けていても、「寄付しませんか?」と案内が届くという声を聞くことがあると思います。

ワールドビジョンもチャイルドスポンサーシップを続けていても、

  • クリスマス募金
  • 難民支援のための募金

など、世界情勢の変化やイベントごとに、新たな寄付の案内が届きます。

数ヶ月に1回なので、頻度は多くないですが、「月4,500円の寄付にさらに寄付をお願いされるのはきついな…」と感じる方もいるかもしれません。

寄付は無理なく続けることが大切なので、ご自身のできる範囲で寄付を続けていきましょう。

ワールドビジョンとユニセフとの違いは?

ワールドビジョンと同じように、世界の子どもの貧困解決に向けて活動している有名な団体にユニセフがあります。

公式ページの情報をもとに、ワールドビジョンとユニセフの違いについて、まとめました。

ワールドビジョン ユニセフ
活動内容
  • 緊急支援・人道支援
  • 貧困
  • 教育
  • 水衛生
  • 保健・栄養
  • 紛争・難民
  • 災害
  • 人身取引(人身売買)
  • 児童労働
  • 持続可能な開発目標(SDGs)
  • 保健(予防接種など)
  • HIV /エイズ
  • 水と衛生
  • 栄養
  • 教育
  • 子どもの保健
  • 差別・偏見
  • 緊急支援・人道支援
  • ジェンダーの平等
設立 1950年9月:ワールドビジョン設立

1987年:ワールドビジョンジャパン設立

1946年12月11日:ユニセフ設立

1955年:日本ユニセフ協会設立

事務所 92カ国 33の国と地域
(日本には26ヶ所)
支援している国 約100カ国 約190カ国
毎月の寄付 チャイルドスポンサーシップ
月4,500円〜割り当てられたチャイルドが住んでいる地域の支援
マンスリーサポート・プログラム
月1,000円〜ユニセフの活動全体に寄付
毎月寄付の特典
  • チャイルドからの手紙や、成長報告が届く
  • 広報誌が届く
  • Facebookグループに参加できる
  • 広報誌が届く
  • 申し込み時にグッズがもらえる(現在はユニセフ・ミニサーモボトル)
寄付金控除 あり
東京都、神奈川県では、住民税も控除の対象
あり
東京都、神奈川県、埼玉県、岡山県などは、住民税も控除の対象

活動内容

ワールドビジョンもユニセフも、世界各国で活動しており、活動内容には大きな違いはありませんでした。

また、どちらも団体も公式ページで、支援している国でどのような活動が行われているか、国別で検索することができます。

世界各国で活動しているため、どのような支援が行われているか見やすく、どちらも信頼できる団体であると判断できます。

設立

ワールドビジョンは1950年、ユニセフは1946年と、どちらも第二次世界大戦前後に設立されています。

日本に事務所が設立されたのは、ワールドビジョンが1987年、ユニセフが1955年と、ユニセフの方が歴史が古いことが分かります。

支援している国

ワールドビジョンが約100カ国、ユニセフが約190カ国と、ユニセフの方が支援している国が多いことが分かりました。

毎月の寄付金額、寄付の特典

毎月の寄付金額はワールドビジョンが4,500円〜、ユニセフが1,000円〜と、ユニセフの方が気軽に寄付が始められます。

毎月寄付の特典は、ワールドビジョンはチャイルドから手紙が届いたり、ユニセフは申し込み時にグッズがもらえるなど、どちらも魅力的です。

ですが長期的に見ると、ワールドビジョンは毎年チャイルドから手紙や写真が届いたりと、チャイルドの成長や寄付が届いている実感を得やすく、寄付の満足感が高まります。

寄付金控除

寄付金控除はどちらも受けられますが、ユニセフのほうが知名度もあるため、住民税の控除も対象となる地域が多く見られました。

ワールドビジョンとユニセフの違い。あなたはどちら?

ワールドビジョンとユニセフの違いについてお伝えしました。

より寄付をしている幸福感を味わいたいという人にはワールドビジョン手軽に寄付を初めてみたい、という方はユニセフがおすすめです。

 

\寄付で自分も他人も幸せになる/ワールドビジョンで寄付を始める

チャイルドスポンサーシップの寄付方法

チャイルドスポンサーシップへの申込方法

ワールドビジョン公式サイトより引用

クレジットカードをお手元に準備していたら、申し込みは3分程度で終わります。

まず、『チャイルド・スポンサーシップ』に参加するをクリックします。

チャイルドの希望を入力する

人数

ご自身が支援したいチャイルドの人数を選択します。

チャイルド1人あたり4,500円の寄付金が必要になるので、

  • チャイルド1人…4,500円
  • チャイルド2人…9,000円
  • チャイルド3人…13,500円

となります。

支援希望地域

  • 任せます
  • アフリカ
  • アジア
  • 中南米

の中から1つ選択します。

希望するチャイルドの性別

  • 任せます
  • 男の子
  • 女の子

の中から1つ選択します。

チャイルドからの手紙

  • 日本語訳をつけて
  • 英語のままで

のいずれかを選択します。

チャイルドからの手紙は、チャイルドが現地語で書き、ワールドビジョンスタッフの英訳がつきます。

英訳のままの方が早くチャイルドからの手紙が届きますが、日本語訳を希望する場合は「日本語訳をつけて」を選択します。

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

個人情報の入力

  • 個人
  • 団体

どちらで申し込むかを選択します。

以下、個人で申し込む場合に記入する項目について解説します。

  • お名前(漢字)
  • お名前(ローマ字)
  • 性別
  • 生年
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市町村
  • 町名・番地
  • 建物・部屋番号
  • 電話番号
  • メールアドレス

を記入します。

メールアドレスは、Gメールを使用すると自動返信メールが受信できないことがあります。

メールアドレスは申し込み後変更可能です。

申し込み後、ワールドビジョンからのメルマガなどは、Gメールでも受信できます。

スムーズな申し込みのために、申し込み時はGメール以外のアドレスをおすすめします。

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

支援金(寄付金)の送金方法

コンビニ・郵便局での払込みはワールドビジョンから専用振込用紙を郵送する必要があるため、経費削減のためにクレジットカードまたは口座振替が推奨されています。

最も手続きが簡単なのは、申し込み時で手続きが完了するクレジットカード決済です。

クレジットカード
(簡単手続き)
  • VISA
  • MasterCard
  • セゾンカード
  • JCB
  • ダイナースクラブ
  • AMERICAN EXPRESS
口座振替
(簡単手続き)
チャイルドスポンサーシップ申し込み後、預金口座振替依頼書(自動払込利用申込書)が送られてきます。

そちらに口座情報を記入後、下記に郵送して下さい。

〒164-0012
東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー3F
(特非)ワールド・ビジョン・ジャパン コンタクトセンター行

コンビニ・郵便局での払込み
(郵送で手続き)
  • 専用振込用紙を利用する場合

半年払い(チャイルド1人につき6カ月ごと27,000円)
年払い(チャイルド1人につき1年ごと54,000円)
のいづれかを選択します。
専用振込用紙が半年/1年ごとに送られてきます。

  • 郵便局備え付けの払込用紙を利用する場合

特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン
口座番号 00130-6-254059

※住所、氏名、電話番号をご記入ください。
※チャイルド・スポンサーシップ支援金とは別に手数料を自己負担となります。
※募金目的は、「チャイルド・スポンサーシップのため」と記入してください。

寄付金額 チャイルド1人あたり月4,500円

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

アンケートの記入

  • お申し込みのきっかけ
  • 個人情報の取り扱い

について記入します。

お申し込みのきっかけは

  • ウェブで検索(分かる場合はサイト名も記入)
  • ウェブ広告を見て
  • FacebookなどSNS
  • YouTube
  • テレビ番組(分かる場合はテレビ局名も記入)
  • テレビCM
  • 家族・知人からの紹介(記入できる場合は紹介者の名前も記入)
  • 街頭の活動を見て
  • ダイレクトメール
  • ワールドビジョンからのEメール
  • 新聞・雑誌
  • 電車
  • その他

から選択します。

>>ワールドビジョンの公式ページはこちら

マイ ワールド・ビジョンに登録しよう

チャイルドスポンサーシップの申し込みを完了したら、マイ ワールド・ビジョンに登録しましょう。

マイ ワールド・ビジョンに登録しておくと、登録情報の確認やワールドビジョンへのお問い合わせなどを、簡単に行うことができます。

①ワールドビジョン公式ページの上部または下部から、「マイ ワールド・ビジョン」を選択します。

②マイ ワールド・ビジョンから「アカウント作成」をクリックします

③氏名・生年月日・住所などを入力します

この時、E-mailには、Gメール以外のアドレスを入力して下さい。

Gメールだと、手続き完了のメールが届かないことがあります。

しおり
しおり

編集長のしおりも、Gメールだとメールが届きませんでした。

アカウント登録後、メールマガジンなどはGメールで届きます。

なので、アカウント作成時のみ、Gメール以外のアドレスで登録をしましょう。

チャイルドスポンサーシップの退会方法

チャイルドスポンサーシップは

  • 公式ページのお問い合わせ
  • マイ ワールド・ビジョン(チャイルドスポンサー用のマイページ)

で、引き止められることなく、簡単に退会することができます。

ただし、手続きの関係上、退会までに1ヶ月ほど時間がかかります。

ワールドビジョンは寄付金控除の対象?

ワールドビジョンは認定NPO法人のため、寄付金控除の対象となります。

寄付金控除を受けるためには、確定申告をするため、領収書が必要になります。

領収書は再発行できないため、寄付をした翌年に送られてくる領収書を、なくさずにとっておくようにして下さい。

確定申告を行うことで、月4,500円月2,770円になります。

東京都または神奈川県にお住まいの方は月2,340円で寄付することができます。

ワールドビジョンに寄付をしてみよう

ワールドビジョンは国際NGO団体で、国連やJANICなどの団体からも認められた、歴史ある団体です。

また、多くの人から支援を受けている団体に与えられる認定NPO法人を取得しており、安心して寄付できる団体です。

ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップは、支援する子ども(チャイルド)1人つき月々4,500円寄付します。

編集長しおりも毎月の寄付は初めてだったため、「4,500円は少し高いかな」と思っていました。

ですが、チャイルドの写真や手紙が送られてきた時は、「この子が私の支援を待ってるんだ」と心がじんわり温かくなるような感覚がありました。

今では、毎月寄付の引き落としを確認する度に、また来月も仕事を頑張ろう、という気持ちになります。

チャイルドスポンサーのみが入れるFacebookグループでも、「チャイルドの成長が楽しみです」「幸せを感じながら支援しています」と、心温まるメッセージで溢れています。

寄付を始めてあなたもこの幸福感を一緒に味わいましょう!

 

\寄付で自分も他人も幸せになる/ワールドビジョンで寄付を始める