ワールドビジョン

【2022年版】ワールドビジョンのChosenについて解説

ワールドビジョンが、チャイルドスポンサーシップの新しい取り組みを始めました。

今まで支援を待つ立場だった子どもたちが、自ら支援者を選択する

Chosen(チョーズン)」という新しいチャイルドスポンサーシップの始め方です。

こちらの記事では、ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップと、その新しい取り組みである「Chosen」について解説します。

要点まとめ

ワールドビジョンの公式ページをチェックする

ワールドビジョンは、支援している子ども(チャイルド)の

  • 成長報告が毎年届く
  • 手紙でやりとりができる

という、支援がチャイルドに届いていると実感しやすい特徴があります。

チャイルドの手紙や写真を見ると、こちらが励まされるような、温かい気持ちになります。

公式ページを確認して、ワールドビジョン(チャイルドスポンサーシップ)で寄付を始めてみましょう!

\寄付で自分も他人も幸せになる/

【怪しい?】ワールドビジョンの評判、ユニセフとの違いを徹底解説ワールドビジョンは怪しい団体ではありません。なぜなら、ワールドビジョンは日本のNPO法人の2.4%しか取得していない認定NPO法人という国や都道府県が認めた団体であり、日本だけでも毎年5万人前後の人たちがワールドビジョンに寄付をしています。...

チャイルドスポンサーシップとは?

ワールドビジョンが力を入れて行なっている、子どもたちとその地域を支援する活動です。

支援する子ども1人あたり、月々4,500円で支援ができます。

主に、子どもたちが住んでいる地域の開発援助(安全な水が飲めるようにする、健康と成長を守る、教育環境を整えるなど)を行なっています。

ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップについては、こちらの記事も参考にしてください。

チャイルドスポンサーシップの評判・実態は?やめる方法についても徹底解説【チャイルドスポンサーシップの実態とは?】ワールドビジョンが行っている毎月定額の寄付。寄付を長年続けている、寄付をやめた人たちの評判を集めて、実態を解明します。...

ワールドビジョンの公式ページをチェックする

Chosenとは?通常のチャイルドスポンサーシップとの違い

Chosen チャイルドスポンサーシップ
スポンサー
(支援者)
子どもたちから選ばれるのを待つ 子どもたちの支援地域、性別を選ぶことができる
支援される子どもたち(チャイルド) 子どもたち自身が、自分を支援するスポンサーを選ぶ 支援されるのを待つ
申し込み期限 2022/7/1から200名限定で行う 常時申し込み可能
申し込み方法 公式HPから。その後メールで専用フォームが送られてくるので、そこに自分の写真を送る 公式HPまたは申し込み用紙から
チャイルド
からの手紙
最初に、あなたを選んだチャイルドの写真と「あなたを選んだ理由」を書いた手紙が届く チャイルドの写真やプロフィールなどが載った「スポンサーキット」が届く。
月々の料金 4,500円 4,500円
支払い方法
  • クレジットカード(毎月)
  • 金融機関(銀行・郵便局)からの口座振替(毎月)
  • コンビニ・郵便局からの払込み(6カ月ごと)
    ※1人につき6カ月ごと27,000円
  • コンビニ・郵便局からの払込み(1年ごと)
    ※1人につき1年ごと54,000円
  • クレジットカード(毎月)
  • 金融機関(銀行・郵便局)からの口座振替(毎月)
  • コンビニ・郵便局からの払込み(6カ月ごと)
    ※1人につき6カ月ごと27,000円
  • コンビニ・郵便局からの払込み(1年ごと)
    ※1人につき1年ごと54,000円
支援内容 子どもたちが住んでいる地域の開発援助 子どもたちが住んでいる地域の開発援助

”Chosen”とはどういう意味?

”Chosen”は”Choose(選ぶ)”の過去分詞で、「〜される、〜された」という意味になります。

今回の、スポンサーがチャイルドから選ばれるという、取り組みを表しています。

違い①チャイルドがスポンサーを選ぶ

「Chosen」の最大の特徴は、普段支援を待つ子どもたちが自分たちでスポンサーを選ぶ、というところにあります。

通常のチャイルドスポンサーシップでは、スポンサーが申し込み時に支援地域、性別を選ぶことができますが、「Chosen」ではチャイルドが選ぶ立場になり、チャイルドスポンサーシップとは逆になります。

違い②申し込み日、人数が限定されている

「Chosen」は2022年7月1日に申し込みが始まり、200名限定となっています。

200名に達すると申し込みが締め切られ、次の開催も未定となっているため、申し込みしたい方は7月1日(10時以降に申し込みページ開設予定)に申し込むことをおすすめします。

申し込みは「Chosen」の特設サイトから申し込むことができます。

違い③あなたの写真を送る

子どもたちが支援者を選ぶために、支援者となる私たちの写真を送る、という作業が必要となります。

通常のチャイルドスポンサーシップでは、チャイルドの写真は送られてきますが、自分の写真を送る必要はありません。

違い④あなたを選んだ理由が書かれた手紙が届く

また、最初に届く手紙の内容が異なります。

通常のチャイルドスポンサーシップでは

  • チャイルドの写真やプロフィール
  • チャイルド・スポンサーシップ ガイド(支援の手引き書)

が届きますが、「Chosen」ではそれに加えて

  • チャイルドがあなたを選んだ理由

が送られてきます。

写真だけでの選択なので、とてもシンプルな理由でチャイルドは支援者を選んでいますが、あなただけに向けられたメッセージが届くのは、嬉しいですよね。

アメリカやイギリスで行われた「Chosen」での、チャイルドが支援者を選んだ理由は、こちらをご参照ください。

違い⑤あなたの写真を抱えたチャイルドの写真が届く

違い④でも説明した通り、チャイルドスポンサーシップを開始すると、チャイルドの写真が届きます。

ですが、「Chosen」ではあなたの写真を抱えたチャイルドの写真が届きます。

通常のチャイルドスポンサーシップより、チャイルドとの距離が近い感じがするのではないでしょうか。

チャイルドスポンサーシップと変わらないところ

  • 月々の料金(4,500円)
  • 支払い方法
  • 支援内容

は通常のチャイルドスポンサーシップと同じになります。

Chosenによるチャイルド側のメリット

「選ぶ自由」を経験することができる

ワールドビジョンが支援する地域の子どもたちは、普段支援を「待っている」状態にあります。

また、日頃の生活においても、学校に行けずに働くこと、何を食べるか、どんな服を着るかなど、貧困によって日々の行動を制限(選択する自由がない)状態にあります。

それを、ワールドビジョンがスポンサーからの寄付を通じて、生活環境、経済状態などを改善して、子どもたちや地域の人に自信をつけていくように支援するのがチャイルドスポンサーシップです。

しかし、そこに到達するまでに10年以上の歳月がかかります。

「Chosen」では、支援が開始される前に、チャイルドがスポンサーを”選ぶ”という体験をします。

スポンサーは、スポンサーが支援をやめない限り、ワールドビジョンのその地域への支援が終わるまで支援するとなると、そのチャイルドを10年近く支援するということになります。

チャイルドにとって、スポンサーを選ぶということは「自分たちの未来を選択する」ということになります。

この経験は、チャイルドが成長するための糧となります。

2022年6月追記

2022年7月1日に「Chosen」が始まることが決定しました!

通常のチャイルドスポンサーシップでも、チャイルドやスポンサー同士の繋がりを実感することができます。

Chosen開始まで待てない!という方は、以下からチャイルドスポンサーシップに申し込んでみましょう!

\チャイルドスポンサーシップを初めてみる/ワールドビジョンの公式ページはこちら

 

Chosenによるスポンサー側のメリット

寄付の幸福度を最大限に高めることができる

そもそも寄付は、「他人のためにお金を使う」ことで、幸福度が上がるお金の使い方と言われています。

(2014年 東洋経済新報社 近藤由美 「世の中を良くして自分も幸福になれる『寄付』のすすめ」P.5〜8より引用)

「Chosen」は、いつもは支援を待つ子どもたちが、スポンサーを自分たちで選ぶことができます。

このことにより、「Chosen」は

  1. 選択する
  2. つながりをつくる
  3. インパクトを与える

の3つに該当しているため、通常のチャイルドスポンサーシップやその他のマンスリーサポートより、支援者の幸福度を最大化することができます。

①選択する

まず、「Choosen」やチャイルドスポンサーシップを通じて寄付をする、ということは、スポンサーは寄付をすると自らが選択しています。

困っている人を助けるか、助けないか、あるいは助けるとしたらどのように助けるかも含め、その人が自由意志に基づいて「他人のためにお金を使う」ことを選択した時に、より大きな幸福感を得ることができる。

(2014年 東洋経済新報社 近藤由美 「世の中を良くして自分も幸福になれる『寄付』のすすめ」P.5より引用)

この「自分が選択する」ということをすることで、より寄付をしたときの幸福感が大きるなります。

つまり、①選択するは、「Choosen」やチャイルドスポンサーシップどちらでも得ることができます。

②つながりをつくる

最も幸福感が得られるのは人々とのつながりを深めるようなやり方で、他人にお金を渡すことなのです。(中略)親友や家族はもちろん、他人とのつながりを深めるようなやり方で(中略)

(2014年 東洋経済新報社 近藤由美 「世の中を良くして自分も幸福になれる『寄付』のすすめ」P.8より引用)

「Chosen」やチャイルドスポンサーシップでは、チャイルドから手紙が届きます。

手紙は、相手(チャイルド)があなた(スポンサー)に向けて時間を使い、手書きでメッセージが書かれています。

そのため、チャイルドと自分とのつながりをより強く感じられるコミュニケーションではないでしょうか。

③インパクトを与える

相手に自分が与えたインパクト(影響)がどのようなものか、具体的に知ることが、自分自身にとっても大きな幸福をもたらす重大な要素である

(2014年 東洋経済新報社 近藤由美 「世の中を良くして自分も幸福になれる『寄付』のすすめ」P.8より引用)

「Chosen」の「チャイルドから選ばれる」という取り組みは、チャイルドだけでなく私たちにも大きなインパクトがあります。

さらに、チャイルドから「あなたを選んだ理由が手紙で届く」=「相手(チャイルド)に自分が与えたインパクトがどのようなものか知る」という絶好の機会になります。

そのため、通常のチャイルドスポンサーシップより、「Chosen」はスポンサーの幸福感が高められる寄付となります。

ワールドビジョンの公式ページをチェックする

Chosenを行ったチャイルド、スポンサーの感想

チャイルドがスポンサーを選んだ理由

「あなたが美しくて親切に見えたから。」(Janella)

「あなたが賢そうだったから」(Rosemary, 9歳, Kenya)

「私も大人になったら医者になりたいのであなたを選びました。」(Michael)

「(病気で亡くなった)大好きなお母さんみたい」(ンディンダ)

チャイルドにとって素敵に見えるスポンサーを選んだり、

チャイルドの夢と同じ職業のスポンサーを選んでいるようです。

どんな理由であれ、「あなただから選んだ」と言われるのは嬉しいですね。

スポンサーの感想

「私は心から大きな喜びを感じています」(アメリカ)

「私は愛されていると感じました。」(アメリカ)

「彼(チャイルド)が私(スポンサー)を選んでくれたことは、私に喜びをもたらしました。」(フィリピン)

ワールドビジョンジャパンの公式HPや、他国のワールドビジョンでも、「Chosen」の動画が公開されています。

その動画は、チャイルドがスポンサーを選ぶ様子が撮影された場面を、そのチャイルドに選ばれたスポンサーが見て感想を述べる、という内容になっています。

スポンサーは、感動して泣いていて、動画全体も感動的なものになっています。

ワールドビジョンの公式ページをチェックする

Chosenの疑問を、ワールドビジョンに問い合わせてみました

どの地域の子どもたちを支援するの?

今回は、カンボジアバングラデシュが対象地域です。

子どもたちには、いつ頃選ばれるの?

日本での申込みの締め切りが、5月末ですので、6月を予定しています。

子どもたちからの手紙は、いつ頃届くの?

新型コロナウィルス感染拡大以前は、1~2週間で届いていたそうですが、現在は、もう少し時間がかかるそうです。

チャイルドからの紹介のお手紙は、まずデジタルでスポンサーに届き、その後、お手紙本体を郵送にて発送する予定です。

Chosenはチャイルドだけでなく、スポンサーも幸せになる寄付

「Chosen」はチャイルドがスポンサーを選ぶというワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップの新しい取り組みです。

「Chosen」での月々の寄付は4,500円と通常のチャイルドスポンサーシップと変わらない値段です。

ですが、「チャイルドがスポンサーを選ぶ」という取り組みにより、チャイルドもスポンサーもより幸福感が高まるようになっています。

2022年7月1日、200名限定で行われ、次回開催は未定となっています。

現在、Chosenの募集は行っていませんが、チャイルドスポンサーシップもチャイルドとの繋がりを感じることができます。

チャイルドスポンサーシップで寄付を初めてみませんか?

ワールドビジョンの公式ページをチェックする