カタリバ

カタリバの評判は?毎月1000円〜支援ができ、寄付金控除も受けられる

  • 日本の子どもを助ける活動をしている団体に寄付をしたい
  • 寄付はしてみたいけど、少しでもお得になる団体に寄付してみたい

そんな方の寄付におすすめなのが、認定NPO法人カタリバです。

認定NPO法人カタリバは、日本の10代の子どもたちが親や学校以外の社会との繋がりや学びを提供している団体です。

またカタリバは、新型コロナウイルス感染拡大による学校休校が2020年3月2日から行われた際、3月4日から、カタリバオンラインというオンラインの教育支をスタートさせました。

こちらを利用されて、カタリバを知った方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、

  • カタリバってどのような活動をしているの?
  • カタリバの評判はいいの?
  • カタリバにはどのように寄付をしたらいいの?

などの疑問を解決していきます。

ワールドビジョンは、支援している子ども(チャイルド)の

  • 成長報告が毎年届く
  • 手紙でやりとりができる

という、支援がチャイルドに届いていると実感しやすい特徴があります。

チャイルドの手紙や写真を見ると、こちらが励まされるような、温かい気持ちになります。

公式ページを確認して、ワールドビジョン(チャイルドスポンサーシップ)で寄付を始めてみましょう!

\寄付で自分も他人も幸せになる/

ワールドビジョンの評判は?怪しくない?チャイルドスポンサーシップについても解説 貧困に苦しんでいる子供たちを助けたい 支援している子どもと交流を持ちたい そのような方にお勧めするのが、国際NG...
チャイルドスポンサーシップの評判・実態は?やめる方法についても徹底解説 SNSやYouTubeの広告でワールドビジョンやチャイルドスポンサーシップの名前を聞いたことがある方もいると思います。 ...

カタリバとは、どのような団体?

基本情報

名称 認定NPO法人カタリバ(認定特定非営利活動法人カタリバ)
設立 2001年11月1日(2006年9月21日に法人格取得)
役員 代表理事 / 今村久美
常務理事・事務局長 / 鶴賀康久
理事 / 岡本拓也、酒井穣、中原淳、山内幸治
監事 / 久保田克彦、中山龍太郎
職員数  139名(2021年4月現在)
寄付 1,000円から可能(クレジットカード、口座振替)

カタリバが生まれたきっかけ

NPOカタリバ設立のきっかけは、代表の今村久美が大学生の時に高校時代の友人たちの言葉にショックを受けたことに始まります。

岐阜県・飛騨高山で高校時代までを過ごした今村は、「自分もこんな大学生になりたい!」と強く思える先輩に出会ったことがきっかけで、受験に向き合い志望校に合格。東京での自由で憧れの先輩たちに囲まれた大学生活を心から楽しんでいました。

しかし、成人式で帰省した時に久しぶりに会った友人たちは「大学なんてつまらない」「刺激がない」「毎日がヒマ」と口を揃えて言います。

「私と友人たちとは、一体何が違ってしまったのだろうか…?」そう思い悩むことになった彼女が至ったのは、「同じバックグラウンドを持っていても、たまたま出会う家庭環境や教育機会によって、価値観が違ってしまう」という考えでした。

「こんな大人になりたい」という憧れや目標を持てるか否かで、描き出せる未来のイメージさえも違ってしまう・・・どうすれば、機会や環境の差を解消できるのか?その答えの1つとして、三箇山優花とともに2001年にNPOカタリバを設立。高校への出張授業カタリ場プログラムをスタートしました。(公式HPより

 

 

どのような活動をしているの?

カタリ場

「自分に人並みの能力はない」 46.7%、「自分が参加しても社会は変わらない」68.3%。※ 明日を担う高校生の現状は、このような“ 自己肯定感”の低さによって特徴づけられます。ニートやフリーター、引きこもり、格差の拡大、機会の不均等・・・若者の「仕事」や「教育」をめぐる問題は、どうすれば解決できるでしょう?私たちが出した答えは、高校でのキャリア学習の機会を創ることです。

ほとんどの高校生には、大学生や社会人と接する環境も、将来についてリアリティをもって考える機会もありません。大人になる直前、約98%が入学する高校で、もし「こんな大人になりたい」という憧れや、目標へと背中を押してくれるきっかけさえあれば、もっと自分に自信を持ち、主体的な生き方を、そして意思ある進路選びをできる生徒も増えるはず。そんな思いから始まったのが、「カタリ場」の授業です。(公式HPより

※「高校生の心と体の健康に関する調査(2011年3月)」
財団法人一ツ橋文芸教育振興会、財団法人日本青少年研究所より

出張授業カタリ場

出張授業カタリ場は、高校生を対象とした約2時間ほどの出張授業です。

体育館のような広いスペースで、高校生200〜300人が参加し、グループワークを行ったりします。

  1. 高校生たちが進路のどういったところに悩んでいるか?自分の好きなこと、嫌いなこと、などの自己理解を深める。
  2. ボランティアの大学生が、大学生活で打ち込んでいること、夢、高校生活での失敗談、後悔していること、などを語ります。それを聞いた高校生たちが、「なりたい自分像」を見つける。
  3. 大学生の話から見つけた、「自分が何に興味を持っているか」「どんな人に憧れたか」という感情を行動に繋げるために、今日からできる小さな行動をカードに書き込む。

という流れで進めていきます。

2021年4月現在、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、対面での授業は停止しています。

ですが、オンラインでさまざまなテーマの授業を行っています。

オンライン授業で取り上げられてきたテーマ

  • 話したいけど話せない「性」のこと
  • ゆとり世代の文科官僚
  • 未来の学校のつくりかた
  • 経営者たちの自粛サバイバル
  • コロナ時代の教育論
  • コロナ時代の教育論② 部活動のゆくえ

オンラインでは、高校生だけでなく、大学生や社会人などさまざまな年代や職種の人が興味を持つような内容が行われています。

大学・自治体に広がるカタリ場

カタリ場は、単発の出張授業だけでなく、知識や経験を研修や人材派遣を通じて、全国の自治体に提供しています。

その甲斐あって、グラフのオレンジや紺色で示されている、カタリバと運営が異なるNPO団体などが、カタリ場の提供が2012年より増え、カタリ場の3分の2が外部の団体となり、輪を広げています。

全国高校生マイプロジェクト

マイプロジェクトは、身の回りの課題や関心をテーマにプロジェクトを立ち上げ、実行することを通して学ぶ、 探究型学習プログラムです。大切にしているのは、小さくても実際に起こす「アクション」と、プロジェクトに対する「主体性」です。

不確かな時代だからこそ、高校時代に正解のない問題に向き合い探究することで、 未来への創造力が育まれます。未来の学びを日本全国の高校生に届けるというコンセプトのもと、マイプロジェクトを広げる活動を行っています。(中略)

高校時代に社会とつながりながら、自らの興味や関心があるテーマに主体性を持って取り組むことで、その先も自ら人生を切り拓いていける。そう示してくれた原点は、東日本大震災の被災地・岩手県大槌町で運営するコラボ・スクールの高校生たちでした。

「支援を受けるばかりではなく、自分たちも何かしたい」という想いから、彼らは震災後の町で自らプロジェクトを考え実行しました。そしてそれは、自己肯定感の低さが指摘されるすべての地域の高校生にとっても必要な機会。

そのような考えから日本全国に広がったのが、全国高校生マイプロジェクトの取り組みです。(公式HPより

高校生たちがプロジェクトを実行するにあたり大切になるのが、プロジェクトのアドバイスができ、協力者を紹介できる大人の存在です。

カタリバは、学校の先生や地域の団体、行政の方など、「教育関係者向け勉強会」などによってつなぎ、高校生の活躍の場を支えるための環境づくりに励んでいます。

また、このプロジェクトを全国の高校生が集まって発表する「マイプロジェクトアワード」という取り組みも行っています。(2020年はオンラインで開催されています)

東京都での活動

アダチベース

平成28年の国民生活基礎調査(厚生労働省)によれば、日本における子どもの貧困率は13.9%に上ります。この数値は「子どもの7人に1人が貧困状態にある」ことを示しています。ひとり親世帯など、大人が一人の世帯の貧困状態はさらに深刻です。自分自身の力ではどうすることもできない環境の中、様々な生きづらさを抱えている子どもたちが、ここ日本にもたくさんいます。

自身ではどうすることもできない家庭環境などの課題を抱える子どもたち。そんな子どもたちが、泣いたり笑ったり、そのままの自分を受け入れ安心できる居場所をつくることで、心の安全基地を届けたい。そんなコンセプトでうまれた「アダチベース」は、居場所・学習・体験・食事を地域と連携しながら子どもたちに届け、文化資本や社会関係資本を育み、貧困の連鎖を断ち切ることに寄与することを目指しています。(公式HPより

アダチベースは、足立区在住の中学生及び中学まで利用していた高校生、高校中退者・未進学者を対象として、以下のような活動を行っています。

  • 居場所づくり…子どもたちの「居ていいんだ」「ここに来ると安心する」という心の基盤となる安全基地をつくる
  • 学習支援…子どもたちの「分からない・できない」を受け入れ安心して学べる環境をつくり、「分かった・できた」という小さな成功体験を積み重ねる、「自習室運営」とICTを活用した「少人数の学習クラス運営」を行う
  • 体験プログラム・イベント実施…地域の人たち・他団体・支援企業などを巻き込みながら、ものづくり・スポーツ・音楽・家庭菜園など、多様な体験機会を届けるための企画を実施
  • 地域の方々とともに届ける食事提供…心身ともに健やかな成長を目指し、平日は毎晩、長期休暇中は昼夜2食の食事提供を行う。調理は子どもたちも一緒になって近隣の方々と恊働で行い、一緒に食卓も囲むことで、「一緒につくる、一緒に食べる、一緒に片付ける」という体験を通じた安心感や、承認機会をつくる。

アダチベースに通ったことで、学校にも通えるようになった子、コミュニケーションがとれるようになった子、自己肯定感や学習意欲の向上などの変化が起きています。

また、行政や学校、保護者、臨床心理士などの専門家との連携も行っており、多方面から子どもたちのサポートを行なっています。

文京区青少年プラザb-lab(ビーラボ)

「b-lab」のコンセプトは、いつでもなんでも挑戦できる中高生の秘密基地です。学校とも塾とも違う、新しい放課後の秘密基地は、中高生が安心して自由に過ごせる居場所であるとともに、文化・スポーツ・学びに関する多様なイベントを通じて自分の可能性を発見する場でもあります。(公式HPより

ba-labは、文京区の中高生を対象とした施設です。

  • 勉強スペース
  • 料理や工作ができるスペース
  • 300冊以上の本がある本棚
  • 音楽スタジオ
  • 研修室
  • バスケットコート(ハーフサイズ)
  • 軽運動室(卓球など)

など幅広い活動ができるスペースを備えています。

b-labスタッフだけでなく、中高生スタッフが主体となって

  • フリーペーパーの発行
  • バンドやジャズバンドの結成
  • ハンドメイド講座

などさまざまなイベントが行われてきました。

地方での活動

カタリバは、活動拠点をおく東京都以外にも、福島県や宮城県、島根県、熊本県などでも活動を行なっています。

女川向学館

宮城県女川町は、東日本大震災で大きな被害を受けた地域の一つです。日常の風景は奪われ、大きな悲しみを経験した子どもたち。「震災があったから夢を諦めた」ということが絶対に起こらないように。そんなコンセプトから、2011年7月に立ち上がったのが「女川向学館」です。名称には、町のシンボルである女川町の「港」の再興と、「向」学心育成への願いが込められています。地域を巻き込み、地元出身のスタッフとも協力しながら、全国からの集まったスタッフが小学生から高校生までの学びを支えています。(公式HPより

スタッフには、町内で塾講師などを運営していた先生方も参加して、子どもたちだけでなく、学校や地域も支援しています。

  • 学習支援と居場所づくり…自習室の開放、小中学生向けの基礎学力を身につける授業の実施、中学生向けの英会話授業や特別授業、高校生向けの英数授業など
  • 学校を支える…中学校の授業にサポートスタッフとして参加するほか、別室登校の子どもたちの学習支援など
  • マイプロジェクト…女川向学館に通う高校生が、地域や身の回りの課題を解決するためにプロジェクトを立ち上げ実行する

などの活動を行なっています。

雲南市高校魅力化プロジェクト

日本の25年先の高齢化社会を迎えていると言われている課題先進地域、島根県雲南市。子ども・若者・大人のチャレンジが連鎖する、持続可能な課題“解決”先進地を本気で目指すこのまちだからこそできる、オリジナルで質の高い教育と課題解決型人材の育成を実現したい。課題先進地から、教育の未来の当たり前をつくっていきたい。そんなコンセプトで、市内2つの高校の魅力化に取り組む高校支援コーディネーターチームを配置しています。行政と連携した仕組みや制度づくり、また学校と協働し魅力的な教育現場づくりを推進する存在として、高校のカリキュラム設計やプロジェクト型学習の授業開発と実施に取り組んでいます。(公式HPより

「雲南市高校魅力化プロジェクト」では、雲南市の子育て世代の流出抑止やUIターンの増加だけでなく、根本的な課題を解決するために、課題解決型人材にあふれた持続可能な魅力あるまちを実現しようと取り組んでいます。

主な活動内容

  • 「育てたい生徒像」をカタリバの高校支援コーディネーターと教員が話し合い、それを踏まえた教科ごとのカリキュラムを作成する
  • 「雲南市の高校のあり方」を県教委、市教委、市の政策推進課、高校の管理職、高校の教員、外部有識者と一緒に話し合う
  • コーディネーターが放課後の時間や、土曜日・日曜日の時間を使って、学校外の活動機会をつくり、学校教育と社会教育の接続をする

カタリバオンライン

家にいながら全国の友だち(横のつながり)や、親や先生とはちがう大人「ナナメのつながり」と一緒に学べる「カタリバオンライン」。これまで1800人以上の子どもたちが対話プログラムを通して、意欲や創造性、ITスキルを育んできました。(公式HPより

新型コロナウイルス感染拡大による学校休校が2020年3月2日から行われた際、3月4日から、カタリバオンラインというオンラインの教育支援をスタートさせました。

  • 大学生が教えてくれる!オンライン自習室
  • タブレット用AI教材Qubena(キュビナ)算数
  • 歴史好きやのための歴史同好会
  • 友達やキャストと楽しむ対話時間サークルタイム
  • はじめてのプログラミング教室
  • 親子で楽しくクッキング!ピザをつくろう!
  • 世界を身体で感じよう!世界のダンス教室

などさまざまな授業が行われています。

※2021年5月現在、新規募集を停止しています

https://kifushiru.com/kataribaonline/

カタリバの口コミ・評判

カタリ場を受ける前の私は、勉強が苦手で部活のダンスもうまくなくて、無気力になっていました。「勉強しなさい」と母に言われても(なんでしなきゃいけないの?)と心の中で反抗していました。カタリ場に出会ったのはそんな時でした。先輩は今の私を認めてくれただけでなく、具体的なアドバイスをくれました。“ まずは一週間だけ部活も勉強も頑張ってみる” という約束は今でも継続しています。先生にも「変わったね」と言われるようになりました。以前の私なら「勉強はできないから」とあきらめていましたが、一歩踏み出して頑張って勉強をしたことによって、新たな夢が広がっています。もっと英語を頑張って、将来は海外とつながるようなことがしたいと思っています。(公式HPよりカタリ場利用者 女性)

 

私がカタリバに出会ったのは大学1年生の秋。サークルもアルバイトもしていなくて毎日つまらないと感じていた時にカタリバに出会い、カタリバの大学生に憧れを抱きました。ある高校生に、「私も先輩みたいに楽しい大学生活が送りたいから大学に行きます」と言われたことがあります。自分の生活を充実させたくてカタリバに入ったつもりが、いつの間にか高校生の心を動かしていました。カタリバがなければ私も、そしてあの時に出会った高校生も何も変わらなかったのではないかと考えると、カタリバは意味のある活動だと思うのです。(公式HPより カタリ場大学生スタッフ 女性)

寄付の方法、寄附金控除について

NPO法人の中でも、寄付金控除の対象となるのは認定NPO法人(認定特定非営利活動法人)と呼ばれる団体です。

カタリバは認定NPO法人のため、寄付金控除の対象となります。

カタリバへの寄付は

  • 毎月の寄付(カタリバサポーター)
  • 今回の寄付

の2種類に分けられます。

毎月の寄付(カタリバサポーター)

毎月の寄付は、月1,000円〜好きな金額を寄付することができます。

振り込みは、クレジットカードでのみ行われています。

今回の寄付

毎月の寄付も、月1,000円〜好きな金額を寄付することができます。

振り込みは、クレジットカード銀行振込(三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行)行われています。

寄付金控除の方法

寄付金控除は、確定申告をすると受けることができます。

カタリバは、毎年1月(2020年分は、2021年1月22日に発送)に「寄附金受領証明書」と呼ばれる領収書が送られてきます。

領収書は、紛失すると再発行ができないので、確定申告の時期(毎年2月16日~3月15日)まで大事に保管しておきましょう。

確定申告の方法、寄付金がいくら控除にされるかは、こちらの記事をご参照ください。

 

寄付以外の支援方法

ボランティアに参加する

アダチベース

子どもたちが利用する自習室での学習サポートや、食卓を共に囲んだり、一緒に他愛ない話をしたり、ボードゲームやカードゲームをしたりすることで、子どもが安心できる環境をつくる、といった活動をします。

こんな人におすすめ
  • 福祉や心理に興味がある人
  • 教員になる前に経験を積みたい人
  • 失敗を自分の糧にして成長できる人
  • 子どもの成長を第一に考えながら、自分も成長したいと思える人

b-lab

こんな人におすすめ
  • 中高生の居心地の良い場所を作り出したい
  • 日常の中で中高生にきっかけを届けたい
  • 中高生と対話を通して想いを引き出したい
  • 中高生の「やってみたい」を応援したい
  • 学校以外、教科以外の教育に携わってみたい
  • プロジェクト型学習の実践に興味がある
  • 今の中高生の現状を深く知りたい
  • 地域と連携することに興味がある
  • 中高生と共に自分も成長したい

東京マラソンのチャリティランナー

カタリバは、東京マラソンのチャリティに5回選ばれています。

  1. 自身がチャリティランナーとして走って応援する
  2. 家族や友人など、マラソン好きな方にチャリティランナーをすすめる
  3. 社員参加型の社会貢献の一環で、会社として応援する

などの方法でカタリバの支援をすることができます。

カタリバへ寄付してみよう

カタリバは、日本の子どもたちの不登校、貧困、学習支援、学生主体のイベントの支援など、さまざまな悩みやイベントに関わっています。

日本全国で活動しているカタリバの援助をしてみませんか?