犬と猫のためのライフボート

【NPO法人】犬と猫のためのライフボートとは?評判や活動内容を解説

  • 殺処分される犬猫を救いたい
  • 自分では飼えないけど、保護犬や保護猫に関心がある

そのような方にお勧めするのが、犬と猫のためのライフボートです。

こちらの記事では

  • 犬と猫のためのライフボートってどのような活動をしているの?
  • 犬と猫のためのライフボートの評判はいいの?
  • 犬と猫のためのライフボートにはどのように寄付をしたらいいの?

などの疑問を解決していきます。

犬と猫のためのライフボートとは?

基本情報

名称 NPO法人犬と猫のためのライフボート
設立 1998年8月
2008年8月12日:特定非営利活動法人(NPO法人)取得
役員 理事長:稲葉友治
副理事長:塩見まりえ
理事:足立さつき
監事:上手悟(上手会計事務所)
職員数 27名(2021年7月時点)
寄付
  • 毎月の寄付 クレジットカード:1,000円 / 月〜
    口座振替:2,000円 / 月〜
  • 1回の寄付 1,000円 〜

1998年に創業代表の吉田淑子さんが千葉県柏市の自宅で行った、小規模な犬猫の救命保護活動がはじまりです。

ライフボート設立のきっかけは、NPOやNGOを応援するメディア『イマジーン』に掲載されたインタビューで、吉田さんは以下のように答えています。

私と旦那の2人でライフワークとして、動物愛護団体を始めたかったんですよ。

というのも、もともと敷地の大きな家に嫁いできたこともあり、常時犬を10頭以上飼っていました。

(中略)そうやって犬たちと共にずっと暮らしてきたので、まずは犬のための愛護団体を、と1998年に始めたんです。(イマジーンより)

犬と猫のためのライフボートの評判

必ず、不妊手術・ワクチン接種・駆虫薬投与(30,000円)してからのお迎えになります。

説明なども親切にして下さり、安心して引き取る事が出来ました。

スタッフの対応・説明が丁寧で、保護犬・保護猫を引き取って良かった、という口コミが多く寄せられました。

また、引き取りたい犬・猫の性格・病気などのリスクとなる面も、詳しく説明してくれた、という口コミもありました。

犬と猫のためのライフボートが行っている支援

日本では年間4万頭の犬猫たちが人間の手によって保健所などの行政機関に持ち込まれ、殺処分されています。

私たち「NPO法人犬と猫のためのライフボート」はそんな彼らを一頭でも多く救うため、

行政機関とも連携し新しい飼い主さんを探す活動を行っています。(公式ページより)

犬と猫のためのライフボートは、行政施設で殺処分される犬猫の保護を行っています。

また、保護した後、犬や猫の不妊手術、しつけなども行ったうえで、新しい飼い主へ譲渡する活動をしています。

犬の里親募集

ライフボートは犬猫を保健所・愛護センターなどの行政施設から引き取り、飼育希望の人に譲渡する活動をしています。

ホームページを確認し、事前申し込み制の面会を予約することができます。

面会は現在1日2回の枠が設けられており、土日でも申し込み可能です。

取り扱っている犬は中型犬のみで、将来の体重は15~25kgになる雑種がほとんどです。

ただし全ての犬がこの範囲に収まっているわけではなく、過去には例外もあったようです。

犬は必ず去勢手術が済んでいるほか、マイクロチップやワクチン、駆虫薬投与が最低一回ずつ行われています。

引き取る際には、1頭あたり3万円を払う必要があります。

猫の里親募集

猫の場合は申し込みの流れは犬と同じですが、設けられている枠が犬より多いです。

また、猫の場合は取り扱う種類・サイズに制限を設けていないようです。

猫も犬と同じく不妊手術、ワクチン・駆虫剤の投与が済んでいますが、原則として子猫のエイズ・白血病の検査は行っていません。

引き取る際の費用は、犬と同じく1頭あたり3万円です。

アニマルシェルターの運営

ライフボートでは、アニマルシェルターの運営も行っています。

この施設に来る犬猫も行政機関から受け入れられています。

アニマルシェルターとは、里親探しに不適な犬や猫を終生保護収容のことで、そこで勤務することによりスタッフが動物への理解を深めるという目的もあります。

シェルターに入れられた子猫や子犬でも、適齢期になると譲渡されていく場合があります。

LBJ付属動物病院

ライフボートのアニマルシェルター内には、保護動物専門の動物病院が併設されています。

譲渡前の不妊手術はこの施設で行われており、年間1,500件以上の手術が行われています。

その他にも、有志の獣医師達によって不妊手術・ワクチン接種・駆虫剤投与など最低限の医療が行われています。

去勢手術の普及、啓発

  • 幼齢避妊手術について情報提供
  • 飼育環境などについての啓発

を公式ページで行っています。

犬と猫のためのライフボートへの寄付方法

毎月の寄付

クレジットカード

クレジットカードの種類
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナースクラブ
  • AMERICAN EXPRESS
寄付金額
  • 1,000円 / 月
  • 2,000円 / 月
  • 3,000円 / 月
  • 5,000円 / 月
  • 10,000円 / 月
  • 20,000円 / 月
  • 30,000円 / 月

口座振替

公式ページから、口座振替申込書請求フォームを入力すると、毎月2,000円以上の任意の金額で寄付をすることができます。

1回の寄付

クレジットカード

毎月の寄付とカードの種類、金額は同じ

銀行振込

ゆうちょ銀行 支店名;〇五八店
口座種類;普通
口座番号;0506412
口座名義;トクヒ)イヌトネコノタメノライフボート
三菱UFJ銀行 支店名;柏中央支店
口座種類;普通
口座番号;0021493
口座名義;エヌピーオーホウジンイヌトネコノタメノライフボート
楽天銀行 支店名;ジャズ支店
口座種類;普通
口座番号;7029307
口座名義;NPO法人 犬と猫のためのライフボート

その他の寄付

Yahoo!ネット募金

Yahoo!ネット募金とは、Yahoo!JAPANが運営する、支援したい活動やさまざまな団体を一度に調べて寄付できるサイトです。

クレジットカードで100円〜Tポイントを1ポイントから寄付をすることができます。

ただし、Yahoo!ネット募金からの寄付だと領収書は発行されず、寄附金控除の対象とはなりません。

>>Yahoo!ネット募金の公式ページはこちら

ソフトバンクの携帯電話で寄付

ソフトバンクのiPhoneやスマートフォンを利用していると、携帯電話の利用料金を支払うときに寄付をすることができます。

546団体の中から自分が支援したい団体を選び、以下の手段で行われます。

毎月継続寄付 100円、500円、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円
都度寄付 100円、500円、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円
Tポイント寄付 Tポイント寄付の場合は1~10,000ポイント

>>ソフトバンクの公式ページはこちら

いいね!や楽天の買い物で寄付

グッドゥのサイトで、犬と猫のためのライフボートのfacebookページにいいね!を押すと、犬と猫のためのライフボートに寄付されます。

1クリックごとに20~1,000ptまでランダムにポイントが犬と猫のためのライフボートに与えらえれ、1週間で貯まったポイントに応じて寄付される仕組みです。

3,000ptで300円、5,000ptで500円、10,000ptで1,000円、20,000ptで2,000円、30,000ptで3,000円が週ごとに寄付されます。

また、楽天のリンクから買い物すると、購入額×0.5%〜を寄付することができます。

>>gooddo(グッドゥ)の公式ページはこちら

買い物で寄付

フードロス削減に取り組むネットショッピングサイトのKURADASHI(クラダシ)で買い物をすると、商品を購入した金額の一部が、犬と猫のためのライフボートに寄付されます。

>>KURADASHI(クラダシ)の公式ページはこちら

犬と猫のためのライフボートは寄付金控除の対象?

犬と猫のためのライフボートはNPO法人のため、寄付金控除の対象ではありません。

犬と猫のためのライフボートに寄付してみよう

やさしい飼い主の元で幸せな生活ができる犬や猫がいる一方で、それよりもっとたくさんの殺処分される犬猫がいます。

何かできることがないかと感じてらっしゃる方は、犬と猫のためのライフボートを、寄付でサポートしてあげてください。

また、犬と猫のためのライフボートには、毎月の寄付などのお金の寄付以外にも、さまざまな寄付の方法があります。

ご自身に合った寄付の方法で、犬と猫のためのライフボートに寄付をしてみましょう。

そうすると、犬猫の殺処分、保護犬・保護猫の里親探しなどの社会問題を身近に感じることができ、社会に少し貢献した、満足感を得ることができます。