当サイトのリンクには広告が含まれています

【チャイルド・スポンサーシップ体験談】この子の笑顔のために頑張ろうと思った女性の話

ワールド・ビジョンチャイルド・スポンサーシップで寄付をしている人ってどんな人?

毎月4,500円って高い気がするけど、どんな気持ちで始めたんだろう?

さゆり

キフシル編集長のさゆりです!

このような疑問にお答えするために、チャイルド・スポンサーシップに寄付をしている人たちにお話を聞いてみました。

今回は、1年と期限を決めてチャイルド・スポンサーシップに寄付をしていた、まなみさんです。

目次

自己紹介

さゆり

まず、自己紹介をお願いします

まなみ

まなみです。寄付を始めたときは、30歳でした。

チャイルド・スポンサーシップを知った経緯

さゆり

今まで寄付のご経験はありますか?
また、チャイルド・スポンサーシップのことは、どこで知りましたか?

まなみ

今まで寄付はしたことがありませんでした。

ただ、叔母がチャイルド・スポンサーシップで寄付をしているので、ワールド・ビジョンやチャイルド・スポンサーシップのことは知っていました。

・毎月の寄付はチャイルド・スポンサーシップは初めて
・身内に寄付をしている人がいて、寄付という行動が身近だった

チャイルド・スポンサーシップを始めた理由

さゆり

なるほど!叔母さまがもともと寄付をされていたんですね!

では、チャイルド・スポンサーシップを始めようと思った理由を教えて下さい。

まなみ

叔母が寄付をしていたのでチャイルド・スポンサーシップのことは知っていたのですが、寄付を始めようと思ったのは、TVCMがきっかけです。

まなみ

世界には、多くの人たちが大変な境遇の中生活しているんだということを知り、自分が幸せならいい、という今までの考え方を変えたいと思うようになりました。

また、海外に行って支援することは簡単にはできないけれど、毎月数千円ずつ支援することなら今の私にもできる!と思い寄付を始めることにしました。

・寄付をきっかけに、自分の考え方を変えたい、という思いで初めた
・自分が海外に言って支援できない代わりに、チャイルド・スポンサーシップに寄付をすることなら、自分にもできる、と感じた

初めてチャイルドの写真を見た時の感想

さゆり

まなみさんが支援していたチャイルドのこと、初めて写真を見たときの感想を教えて下さい。

まなみ

私が支援したのは、カンボジアの8歳の女の子でした。
お父さん、お母さん、妹2人の5人家族です。

まなみ

チャイルドの写真を見て初めて、寄付を通してこの子や他の国と繋がることができたんだ、と実感することができました。

まなみ

また、今までは自分のためだけに働いてお金を稼いでいましたが、この子を笑顔にするためならもっと頑張れそう、と思った瞬間でした。

・チャイルドの写真で、寄付が支援につながっていることを実感できた
・チャイルドを笑顔にしたい、と日頃の生活にも意欲が湧いた

チャイルドから手紙をもらった時の気持ち

さゆり

では、チャイルドから初めて手紙をもらったときの気持ちをお聞かせ下さい。

まなみ

家族とどんな風に過ごしているのか、どんな天気か、好きなことは何なのか、チャイルドなりに一生懸命文章にしてくれて涙が溢れました。

また、色鉛筆を二本ずつ送っていたので、届いた色鉛筆を使って絵を描いてくれていて、その姿を想像すると胸がジーンと熱くなりました。

まなみ

家族とどんな風に過ごしているのか、どんな天気か、好きなことは何なのか、チャイルドなりに一生懸命文章にしてくれて涙が溢れました。

また、色鉛筆を二本ずつ送っていたので、届いた色鉛筆を使って絵を描いてくれていて、その姿を想像すると胸がジーンと熱くなりました。

さゆり

まなみさんから、チャイルドに手紙やプレゼントを送ってらっしゃったんですね。

確かに、チャイルドがプレゼントを使ってくれていたら、とっても嬉しいですよね。

・こちらからチャイルドに手紙を送ることもできる
・手紙に同封できるサイズなら、チャイルドにプレゼントを送ることもできる

チャイルド・スポンサーシップの支援を終えたときの感想

さゆり

まなみさんは、ご自身でチャイルド・スポンサーシップでの支援を終了したとお聞きしてます。

その理由や、チャイルド・スポンサーシップを終えたときの感想を教えて下さい。

まなみ

もともと1年間の支援と決めていたこと、結婚も控えていたこともあり、やむなく支援を終了しました。

まなみ

「急に私からの手紙やプレゼントが届かなくなったら、チャイルドはどんな気持ちなんだろう。悲しい気持ちにさせてしまうかな。」と何度も悩みました。

まなみ

その後1年間くらいは、チャイルドの写真を見ながら「元気に過ごしているかな?今は笑顔かな?」と想像する日々でした。

さゆり

まなみさんご自身がチャイルドにチャイルドに支えられていた部分もあるんですね。支援終了は、決めていたこととはいえ、寂しい気持ちになりますよね。

次に、支援終了時の、ワールド・ビジョンスタッフの対応はどのような感じでしたか?

まなみ

私は、電話にて支援終了の意向をお伝えしました。スタッフの方々から引き止められるのでは、と不安な思いもありました。

まなみ

ですが、いざ支援終了の意向を連絡すると「今まで支援していただいてありがとうございました!」と感謝の言葉をいただきました。

チャイルドの顔が見えるので、支援の終了には勇気がいる。
だが、寄付は無理に続けるものではないので、負担に感じるようになったら、支援は中止したほうが良い。

>>ワールド・ビジョンの解約方法は、こちらの記事でも説明しています。

チャイルド・スポンサーシップで寄付の印象は変わった?

さゆり

チャイルド・スポンサーシップを始める前の、寄付の印象はどのようなものでしたか?

まなみ

寄付は資産に余裕がある人行うものという印象を持っていました。

その反面、叔母がチャイルド・スポンサーシップをしていたため、頭の片隅で「いつかはした方がいいこと」と考えていました。

さゆり

チャイルド・スポンサーシップを始めてからは、いかがですか?

まなみ

寄付を通してお金を支援するということだけではなく、もっと生活を豊かに幸せに過ごしてほしい、という温かい気持ちを届けることなんだと感じるようになりました。

・寄付はお金持ちだけがするものではない
・寄付はお金だけでなく、気持ちを届けるもの

ワールド・ビジョンの印象は?

さゆり

チャイルド・スポンサーシップを始める前は、ワールド・ビジョンにどのような印象を持っていましたか?

まなみ

生活水準が低い国や地域へ寄付をして支援している団体なんだな、という印象でした。

さゆり

実際にチャイルド・スポンサーシップで寄付を始めてから、ワールド・ビジョンの印象は変わりましたか?

まなみ

具体的に、いくら支援金が集まり、どんな支援活動を行っているのか、その結果現地の環境や人々がどう変化したのか明確に報告されていました。

ワールド・ビジョンの熱い想いと先を見通して行動してある姿に感銘を受けました。

さゆり

ワールド・ビジョンは支援者に決算報告や活動報告の冊子を郵送したり、公式ページにも公開されていますよね。

他にも、定期的に現地スタッフの講演会も開催しており、生の声も聞けるのも良いですよね。

・ワールド・ビジョンは、毎年決算報告や活動報告を支援者に行い、一般公開も行っている
・ワールド・ビジョンスタッフには熱い思いがあり、寄付を始めてから分かる、団体の良さがある

これからチャイルド・スポンサーシップを始める方へメッセージ

さゆり

最後に、これからチャイルド・スポンサーシップを始めるかた、始めようか迷っている方にメッセージをお願いします。

まなみ

チャイルド・スポンサーシップは、ただお金を支援するだけではなく、現地の子供たちと写真や手紙などで繋がることができます。

心を通い合わせることができる支援を楽しみながら行っていただければと思います。

まなみ

また、定期的に報告書が届き、寄付されたお金がどんな事業に使われているのか、現地の環境や人々がどう変化しているのか写真付きで知ることができます。

その報告書が、また支援の活力になるかと思います。

チャイルド・スポンサーシップは、支援が届いてることが分かりやすい

以上、まなみさんのチャイルド・スポンサーシップ経験談を聞かせていただきました。

まなみさんのお話をまとめると

  • 寄付はお金だけでなく、世の中を良くしたい、という気持ちを届けるもの
  • だが、自分の生活が苦しくなるなら寄付を続けなくてもいい
  • ワールド・ビジョンはどのように地域を発展させていきたいかが明確で、スタッフが熱い思いを持って活動している

ということが分かりました。

チャイルド・スポンサーシップは支援中止する際も、引き止められることはありません。

安心して寄付を初めて、遠い国のチャイルドの支援を一緒にしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次